2006.01   12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02
スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業    2006.01.27
kosya


去年の暮れから自分でも決めてはいたけど
この辺が潮時かなあ…と

なんとなくわかっていたけど
いざ向こうから話を切り出されると
少しショックを受けた

状況がわかるだけに
私が身を引いたほうがいいのはわかってる
言いにくい話を最初に私にしてくれてありがとう

もっと早く決断すればよかったね

心の準備はしていたはずなのに
居心地よかったから
離れがたいって思ってた…

今までありがとう
とても楽しかった
スポンサーサイト
@結婚その3    2006.01.22
buke1


今日は夕方から雨だって
曇り空だったけど傘は必要かも…
もって出かけて正解だった
まさかあんなに土砂降りになるとは思ってなかった



行きの電車、ギリギリ間に合った
いつもと違う履きなれないスカート姿で私は階段を駆け上がった
これに乗らないと送迎バスに乗れなくなっちゃう

次の駅で男の人が乗ってきた
ドアのそばに立っていた私の前に来た
服装がなんとなく…結婚式かな? 
まさかね 同じはずはないでしょ…

と、思ったら同じ送迎バス
いきなりお仲間に会うとは…^_^;
世の中って単純なストーリーなのね

この彼は新郎の友人で、またもや席も向かいになってしまった
後にお酒の飲みすぎで別人と化し帰りのバスは別行動となる


外のガーデンで式のはずだったけど
降りだした雨で急遽中止
結局パーティ会場で挙げることに

さすがに初々しさは全くなかった
年齢的には30そこそこなのだが
新婦も新郎も初婚じゃないし、子連れだし、妊婦だし
新婦の連れ子(娘)がベール持ちやブーケ持ちなどで
かいがいしく動き回るのも新しいパターンだと思った

8ヶ月のお腹は花嫁衣裳を身に着けても一目瞭然
締めつけた帯がなんとも苦しそうだった
お色直しのピンクのドレスのほうが遥かに動きやすそうだったが
いずれにしても出っ張りを隠せないことは確か

新郎は、、、というとこれまたデッカく
まるでドラエモンとジャイアンを足して2で割ったような人だった
コロコロとした二人が並ぶ姿はそれだけでお似合いだった


簡単なお食事のパーティだから
ラフな服装でいいよ
と、言っていたが…

どこが簡単なのよ~
みんなバリバリ結婚式ウェアで決めてるじゃないのサ
良かったよ、真に受けないで
恥かくとこだった(T_T)


用意された席は新婦友人席
新婦の娘の通う幼稚園のママ友達と学生時代の友達
そして以前の職場の同僚として私ともう一人合計4人
選ばれた友人というより、かき集められた知人といった感じ
いずれも結婚のいきさつを知った者たちばかりだった
当たり前か…

いまどきのウエディングプランって
2度目3度目おめでたプランが用意されてるんですけど…^_^;
昨今は結婚人口も減ったし結婚事情もそれぞれなわけで
ブライダル産業も需要を求めて工夫を凝らしていくしかないのだろう

一番大変でなお且つ暇だったのは司会者だったと思う
注意深く言葉を選び、余興が少ないために出番も少ない
司会者泣かせの結婚式だと思った

皆は一同に出された料理をただただ褒めあっていた

スピーチでは苗字で呼ばないことをくれぐれも注意した
するとなぜだか今回は何と言う姓に嫁いだのか思い出せなくなってしまった


庭に面した会場では外の景色が(庭)よく見えた
って、つまりどんどん天気が悪くなるのが…
暗~くなってきて稲光とともに激しい雷雨が
なんかさっきから主役の向こうの外ばかりが気になってしまう

「雨降って地固まる」っていうけど
これって嵐だと思うんですけど…
固まるどころかどんどん大きな水溜りが…(T_T)

帰りのバスを降りて駅までのわずかな距離でさえ
冷たい雨に降られてびっしょり

まるで二人の行く末を暗示するかのように
この先の不安を強く感じたのは私だけじゃないはず


だけどお祝いをしたものとしては
今度こそ、「共に白髪生えるまで」添い遂げて欲しいと願うばかりでした
素敵なお話    2006.01.18
ある人からメールがきました

「とても素敵なお話なのでぜひ読んでください」
とありました。

息子さんがいじめられて悩む主婦A子さんと、
不思議なコンサルタントB氏のお話です。

実話に基づくショートストーリーになっています。


読んだ人の9割が「泣いた、涙が出た」と大変感動されたそうです。



私も読んでみました。

涙が…出ませんでした。 
特別、大きな感動…もなかったような…
なるほど…「因果応報」ってことか。。。とは思いましたが



私って冷たい人間なんだろうか?
でも「1リットルの涙」では相当泣いたぞ(>_<。
感動したぞ(;_;)



ふと、思った
ホントに9割も感動したんだろうか?
そんなこと無いんじゃない…かと


だから感動的でもなく「素敵」っていうのは間違いではない





読みたい人はこちらまで


@結婚その2    2006.01.08
12月半ば、傍目にもはっきり妊婦と見てとれる
大きなお腹をした彼女が訪ねてきた


「お願いがあるんだけど。。。」
「実は来月、結婚式やることになったの 出てもらえないかと思って」

ゲッ!?(・・;) マヂ?


2ヶ月前、ご両親に話せなくて私にアドバイスを求めてきた

『とにかく生まれてくるんだからほっといてもバレるよ
 許すも許さないも、家庭を作って幸せになるしかないんじゃない』

『親はうすうす気がついてるんじゃないの?言い出すのを待ってるかもよ』

告白する勇気がないという彼女にけしかけた


あれから意を決して告白したのだという
まずは母親から、そして父親へ
最初はおどろいた両親もなんとか説得、了承してくれた


そして、結婚式ぃ~?
なんでするのよ~ 来月ってもう妊娠8ヶ月じゃない
相手はバツ1 彼女はバツ2で子連れ

彼のご両親のたっての希望なのだという

「私もやりたくないのよ、3度目なんて恥ずかしいし」
「もう、呼べる友達がいないの 頼まれて~お願い!」

3度目に呼ばれた私が恥ずかしいわよ~
どんな友達関係だろう・・・って(>_<)

確かに最初に呼んだお友達は呼べないよね
ご祝儀もらってるし、恥ずかしいし。。。
それに妊娠バレバレだよ~  
ご両親の許可が出て以降、安心したのかすっかりお腹が横綱級へ

おまけにスピーチも頼みたい・・・って
え~、本格的な披露宴なのぉ


「私が3度目ってことと、今回は旧姓(実家の姓)で通すから
 くれぐれもその事は黙っててね」と念を押された


なんて言えばいいのよ。。。(>_<。
@結婚その1    2006.01.08
うすうす感じてはいた
体調が悪いと告げられたときから
女性特有の・・・

「ホントはできちゃたんでしょ?」と、問いただすと
「え~?わかっちゃったぁ? 実はそうなの」

やっぱり。。。-_-;

それから2ヵ月後、彼女に呼び出された
「親にまだ報告してないの、また心配かけると思うとなんて言っていいのか」

そりゃわかる、私だってビックリだもん

彼女と知り合って3年
ちょうど最初の人と離婚したばかりだった
その間に結婚、離婚を繰り返し今度が3度目の結婚



今度こそ頼むよ3度目の正直
3年間で誰とも出会えない人だってゴマンといるんだから
なんとも幸せな人種だ
ある意味、得意技だね

性格は明るくていい子、特別美人じゃないけど
小柄でプックリかな  一緒にいて退屈しないし
同姓の友達は少ないっていうから、多少我侭なのかも
でも男性から見るとかわいくてほっとけないんだろうな

別れた原因はいろいろありそうだけど
(私に言わせれば、つまんない理由)
フったのはすべて彼女のほうから
長続きしない原因はどうやらここにあると思う
休日    2006.01.07
久しぶりにゆっくりと過ごした

午前中は預けておいたラケットを取りに行くついでにショッピング
今日は見るだけじゃないよ
ちゃんと買うつもりなんだから…

コムサのバーゲンに出くわした
レジはすごい行列、気が遠くなりそうだったので結局何も買わず
WORLDブランドのいつものショップへ
人気のベロアのジャケット、ベロアとレースの切り替えの黒のスカート
お揃いっぽくて気に入った

自分に似合うとか考えないとこが厚かましいと思うけど…^_^;
セール(半額)になってるってとこが魅力的♪


家へ帰ってから遅い昼食
夕方、「1リットルの涙」の原作本(日記)を一気に読んだ
日記形式なので、そんなに涙は出なかった(ってかなり泣いたくせに…?)
ドラマの方が視覚で訴える分ガンガン泣ける

「先生、私結婚できる?」って主治医の先生に聞いたくだり
涙が流れて文字がかすんで見えた


でも、読み返してはまた彼女の強さに惹かれた
ELLEGARDEN    2006.01.05




ELLEGARDEN official website
♪『Space Sonic』

最近エルレ人気です。
ジャンルでいうと洋楽ロックポップ?
え?日本人? ってくらいすごくノリがイイ☆

オフィシャルサイトでは「Space Sonic」のPVが期間限定で視聴できます。



このPVではなぜか全員が女装です。
決してビジュアル系ではありませぬ~
謹賀新年    2006.01.03
gasyou4

元旦は初詣

おみくじをひいた 「末吉」だった

今年は無駄な動きはしない
現状維持に努めよ…だって

何かを始めるには良い年じゃないのかもしれない


近くのスーパー銭湯へ行った
すごく混んでるだろうな…とは予想してたけど
お風呂入ってる人よりもくつろいでる人たちが多かった

おかげでお湯にのんびり、ゆったり入れた

天然温泉だからお湯が抹茶…じゃなくて真っ茶
真っ白いタオルが「雑巾」になっちゃった(T_T)



カラオケ「パソカラホーダイ」
カラオケに行こうと思ったけどいっぱいで…(T_T)
PCでカラオケ
月々630円
おうち(お家)カラオケってどうよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。