2006.08   07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本対ポーランド    2006.08.25
竹下選手


余裕の日本3―0でガッツリ勝ちました。
見てて安心…というより楽しい、頼もしい。

2セット目、何度も追いつかれる場面があったけど
竹下選手のレシーブに注目。

とにかく上手い、センスがすごくいい。
きわどいネット際や、ボールが落ちる寸前に飛び込む空中でのレシーブ

身長159センチの小柄さ、敏捷さをフルに活かした竹下バレー
ここ一番という時の彼女の底力に感心することしきり。
思わずガッツポーズが出るっス!

 

日本、ポーランド下し3勝目=女子バレー・ワールドGP
女子バレーボールのワールドグランプリは25日、各地で予選ラウンド第2週が行われ、ソウルでのE組の日本はポーランドを3-0(25-18、26-24、25-18)で破り、通算成績を3勝1敗とした。
 世界ランク7位の日本は、ベテラン高橋み(NEC)の巧打と20歳の木村(東レ)の活躍などで同9位の相手にストレート勝ち。決勝ラウンド進出へ向け、着実に勝ち星を重ねた。
 ロシアは韓国を3-1で下した。 
(時事通信) - 8月25日22時1分更新



続きを読む

スポンサーサイト
傷城撮影その2    2006.08.23
傷城8/21 傷城8/21

自称「金城武の奥さん」ですか?
たくさんいそうですね~ (自称なら)
もう笑うしかないのかも…
このファンは3ヶ月も仕事を休んで追っかけをしているそうです。

トニーのファンに比べて武のファンは熱狂的。
撮影がNGになるとは…どれだけ近くで見れるんでしょう。
そっちのほうが気になる
単に声がデカイだけか?…

ロケ現場に金城武の妻、現る!?
現在、金城武とトニー・レオン(梁朝偉)が共演する映画『傷城』のロケが香港の街頭で行われており、2人のファンが大勢集まっている。
先日は、警察官役の金城武が悪役のトニー・レオンと交渉するシーンを撮影。トニー・レオンのファンが大笑いを連発するのに対し、金城武のファンはかなり情熱的だ。見学中に携帯電話の着信があった金城ファンは、「今、“うちのひと”の映画撮影を見てるの! 邪魔しないで!」。現場に響き渡ったその声を聞いた途端、金城武はNGを出して、その場にいた全員が大爆笑した。いつの間にお嫁さんをもらったの? それは、金城武本人も知らない……。   アジアンスターサイト2006/8/22



傷城8/12 傷城8/12 傷城8/19

傷城8/18 傷城8/18 傷城8/23

外面的世界    2006.08.20
外面的世界


映画「ウィンターソング」(Perhaps Love 如果‧愛)の挿入歌に齊秦(チー・チン)の歌う
「外面的世界」♪という曲がある

映画の中で孫納(ジョウ・シュン)と見東(金城武)の
10年前の思い出のシーンが何度もフラッシュバックしていてとても印象深い。
二人が出会った頃の、下積み時代の、貧乏だった頃の、
夢と希望だけを精一杯膨らませて愛し合っていると信じていた頃の…

中国語はさっぱりわからないけど、記憶にあるフレーズとイメージで
なんとなく訳してみた(ほんの一部だけど)
たぶん、たぶんだけど…


「外の世界へ」♪
外の世界はとてもすばらしい
外の世界はとてもつまらない
あなたが外の世界がとてもすばらしいと感じる時に
私はここにいて貴方の幸せを祈っている

外の世界はとてもすばらしい
外の世界はとてもつまらない
あなたが外の世界がとてもつまらないと感じる時まで
私はずっとここで辛抱強くあなたを待っている



この映画はミュージカル仕立ての劇中劇でもあるので
挿入されている歌も曲も素晴らしいし
出演者がそれぞれに歌っているのも映画の魅力でもある。

聶文(ジャッキー・チュン)はダントツに上手い、声量が違う。
見東(金城武)は普通に上手い。
孫納(ジョウ・シュン)は普通に下手。

「外面的世界」はその下手なジョウ・シュンが昔よくくちずさんでいた歌。
そしてこの歌はそのまま見東(金城武)の気持ちを現していた。
アンナ・マデリーナ    2006.08.19
アンナ・マデリーナ1

一言でいうと~(一言でいうんかい?)
脇役にスポットを当てたストーリーだった。

ありがちなストーリーなら
破天荒で、イケメンで、女ったらしを演じるモッヤン(アーロン)のほうが主役になるのがセオリー

しかし、その女ったらしに振り回されている、真面目で地味で目立たない人生の脇役専門のガーフ(金城武)の恋愛をそっと(そっと…ね)追ってみた、って感じ。

ガーフが金城武って時点ですでに平凡じゃないと思うんだけど…(笑
いかにも普通っぽく演じてます。

現実の世の中は平凡でつまらない男と女がくっつくのが殆どのパターン
ドラマチックな人生なんて、安心して暮らせないと思う。


モッヤン(アーロン)は女にも生活にもだらしないけどなぜか魅力的。
ガーフが一目惚れしたマンイー(ケリーチャン)に告白したいと思った時、すでに遅かった。

モッヤン(アーロン)とマンイー(ケリー)はお互い反発しあいながらも惹かれ合っていた。

脇役って、そういう空気がちゃんと読める人なんだよね。
これが主役だとそうはいかない。そんな心の細かい描写が上手いと思った。
恋愛においても、そして人生においても(オーバーな)控えめなのだ。
結局は見守ってるだけのガーフなんだけど
心の中はドラマチックなんだぞ、っていうのが第2部になる。

つまり第2部はガーフ(金城武)の脳みその中って感じかな。
ガーフのマンイーに対する想いを湾曲化した一つの小説が
映像として出来上がったファンタジックなストーリー。

この二人のスタイルがなんともオシャレでカッコイイ。
一歩間違うと、いや、一般人だと、ただの変人にも見えるだろう服が
さすが金城武とケリーチャンだな~って感じでステキです。

全体を通して流れるBGMの「メヌエット」
「アイ、ラヴュラヴュ、アイラヴュ~♪」と歌う武の歌が心地よく耳に残ります。

アンナ・マデリーナ2


アンナ・マデリーナ / 金城武
ワールドワイドな活躍を見せる金城武とケリー・チャンが共演。恋愛と友情の狭間で揺れ動く3人の切ないラブストーリー。

単調な毎日を送る調律師ガーフ。そんなある日、彼のアパートに自称小説家モッヤンがころがりこんで住むことに。やがてガーフは上の階に越してきたマンイーに一目惚れするが、なかなか告白できない。そのうち積極的なモッヤンが・・・。
1998年作品 
監督:ハイ・チョンマン
撮影:ピーター・パオ
出演:金城武/ケリー・チャン/アーロン・クォック/レスリー・チャン/アニタ・ユン/ジャッキー・チュン/エリック・ツァン

  goo ブロードバンドナビ  

日本VSキューバ

3―0で日本がキューバにストレート勝ち
キューバはキャプテンが怪我で出場していなかったとはいえ
何と言ってもあの身長、体型、スピード
同じ人間かい?妖怪かい?って感じのデカさ(でも足が長い)

今日の日本選手はミスが少なかった
アタックもよく決まってたし
キューバにリードしてることもあってかすごく活気があった

なんで高橋みゆき選手の背中のネームが「SHIN」なんだろ?
って、思って見たら今回からみんな愛称を背負ってるんだって
だからなんで「SHIN」なんだろ?

柳本ジャパン、キューバにストレート勝ち!-バレー女子ワールドGP
バレーボール女子のワールドグランプリ東京大会は18日、東京有明コロシアムで開幕し、日本はキューバに3-0(29-27、25-18、25-17)で完勝した。3連覇を狙うブラジルも韓国をストレートで破った。

日本は攻守がかみ合い、主力を欠いてミスが目立った相手を圧倒。第1セットを大山(東レ)の強打などで競り勝ち、第2セットは荒木(東レ)の速攻やブロック、高橋み(NEC)の時間差攻撃などで得点を重ねた。第3セットも11-13から6連続得点で逆転した。

大会は今秋、日本で行われる世界選手権の前哨戦。12カ国が参加し、1次リーグは各国とも3会場を転戦しながら9試合を戦う。6チームが決勝大会(9月6-10日・イタリア)に進む。     サンスポ8/18




ジオスCM    2006.08.15

最近ちぃーとも出なくなったけど

金城武のCMは面白い

過去の作品の中でなんとなく覚えているものは
「森永ダース」、「NTTハローページ」、「角川文庫」
「Volvic」…他いっぱい

どちらかといえばシリアスものより真面目に笑えるバージョンが多かった
…気がする

「英会話のジオ~ス♪」で印象に残るCM
5~6年前になるのかな
今見てビックリ!
「まちゃまちゃ」と共演してるやないの~(@_@)
「まちゃ」ったら、なんてオイシイ仕事を

たしかにこのCM記憶にあるんだよね~
「私は外交官夫人」


「まちゃ」だったのかよ



続きを読む

試写会

試写の観客、多かった~
やっぱり金城武、根強い人気があるんだな
小さなパンフしかなかったのに
それさえ映画の開始前にすっかり無くなってた


映画は、ミュージカル仕立ての劇中劇
一言でいうと周 迅(ジョウシュン)の映画でした

映画監督(と女優(ジョウシュン)と元彼で俳優(金城武)との三角関係が
映画の中のストーリーとリンクしてる
舞台はサーカス小屋っていうか、小屋じゃないよね
すっごい豪華なセットでバックダンサーたちの歌も踊りも凄い
デブもブスも妖怪も…ってくらいいっぱい

ほとんどシリアス映画
笑えるのは3箇所だけあった(私の記憶では)

映画監督はなかなか決定しないサーカス団の団長役をやってしまうんだけど
この映画、この人の歌がなんたって要
めちゃくちゃ上手い、張学友(ジャッキー・チュン)

この歌がまさしく「如果・愛」(Perhaps Love)
つまり、日本語でいうところの「あなたはたぶん私を愛している」だった

ジョウシュンはとにかく可愛かった
痩せすぎの感はあるけど、あんな大きな瞳ウルウルで見つめられたら
男はコロッと騙されちゃうのかも(笑
憎めないキャラだった

俳優役の金城武はもちろん素敵なのだけれど役柄としてはストーカーみたいな男だった
自分を愛していたのかどうかをしつこく聞く
今も捨てられたことを恨んでいると、同じ思いを味あわせたいと
10年もかかって復讐をするとは…それも中途半端に
ま、芯のところでその優しさがあるから逃げられたんだろな

張学友(ジャッキー・チュン)はというと
いつ捨てられるかとビクビクしている
自分(映画監督)がいたから女優になれたんだと恩着せがましい

男は過去の恋愛をずっと引きずって女は恋愛を糧にして生きていく
男の方が女々しいのか?

二人ともジョウシュンに答えを求めようとするけれど
結局は恋を卒業するみたいに決別することで終止符を打つ
男たちのそれはまるで自己愛だったのだろうか

ジョウシュンは彼らに何も求めていないように見えた
それどころか、ただ愛を与えただけなんじゃないかな


如果・愛 ジョウシュン

傷城撮影    2006.08.11

傷城

クリスマスシーンの撮影ですね
スタッフは半そでだけど出演者は冬の衣装

金城武は試写会の時もそうだけど
ずっと茶色の皮ジャケで撮影

長~~い一日でも撮ってるんだろか
それともキャラで衣装が固定されてるんだろか

それにしてもこの時期だと暑そう
武ちゃんが着てると暑そうに見えないのはやっぱりプロだからかな
金城武2

そうだったんだ~トムクルーズからも誘われていたなんて
武ちゃんて大物ww
まして断るなんて…勿体無い!?

でもでも、過去にやったことのない役をやっていきたい
って言うのが彼の信条だから
ぜひぜひいろんな役にチャレンジして欲しいですね

現在撮影中の「傷城」は元刑事で酒びたりの探偵屋さんだそうだ
今秋日本公開予定の「ウィンターソング」では
10年前の恋を引きずるネチッこい二枚目俳優
どれも彼の全部ではないけれどいろんな姿を見れるのは楽しみ♪

彼自身はハリウッド映画は大好きで
ジョニー・ディップやトム・ハンクスのファンだと言っていた
実際に同じスクリーンに立っている姿も素晴らしいと思うけど
ファンとしてはハリウッドにはこだわらないな~
もっと遠くに行っちゃいそうで。。。

トム・クルーズ共演を断った金城武
台湾の映画賞・金馬獎は今年は11月26日に台北ドームで授賞式を開催する。

授賞式のイメージキャラクターとして、金城武の名前が挙げられたが、映画協会の会長は反対し、ジェイ・チョウ(周杰倫)やジェリー・イェン(言承旭)、ヴァネス・ウー(吳建豪)らを推薦した。
「金城武は『ウィンター・ソング(如果・愛)』という新作で、授賞式に参加することになるだろう。なので、イメージキャラクターに選ばない方がいい。」と会長は反対の理由を述べた。

現在、香港でトニー・レオン(梁朝偉)と一緒に『傷城』という映画を撮影中の金城武。
トニーが武の面倒を見ることもあり、2人は仲がいいようだ。

過去に『恋する惑星(重慶森林)』『天使の涙(墮落天使)』という映画に出演し有名になった金城武は、国際進出に積極的ではない。
「彼をハリウッド映画に誘う人は多い。実はトム・クルーズの『ラスト・サムライ』から話もきていた。でも国際進出については、もう少し遠い目標として考えるべきだと思い断った。これから武に相応しいタイミングで進出させたいので、焦りは禁物。」と映画協会の会長であり、武の所属事務所の社長でもある邱復生は話していた。

【2006/08/05 聯合報/記者:葛大維・台北報導/撮影:陳俊吉】

Copyrightsⓒ 聨合報&華流.net

perhapslove5


当たってました(嬉~
ウィンター・ソング(perhapslove)
今日ポストを見たらまたハガキが入っていた

やったっ!ウレピー!
すでに諦めてたからマヂで嬉しい

日程は8/11(金)会場18:00 開映18:30
行きます!行きますとも!行かせてもらいます!
試写会に応募した
もちろん、この秋公開の「ウィンター・ソング」ウィンター・ソング



「ハズレた…」たぶんいや…絶対
だって、今日GTFトーキョーシネマショー2006から
招待状(そんなエエもんやない)=ハガキが届いた

つまり8日のプレゼンテーションのほう
試写会にハズレた人に送られたんだろうな
できれば本編をじっくり見たかったけど
仕方ない…劇場公開の時まで我慢しよう

そのほかの映画…って、あんまり興味なかったから
気にしてなかったけど
「ファイナル・デッドコースター」とか、恐そう~

って、恐いの嫌いだけど…

ファイナル・デッドコースター

CNNj


先日7/29CNNjの「トーク・アジア」スペシャルアンコール をやっていました
インタビューを受ける武ちゃんは仕事のできる男って感じで素敵でした
ヘアスタイルがトサカみたいで(寝グセ)みたいで気になりましたが
あれって、スタイリストさんのセンス?

インタビューの中で「自分はこれからもっと演技をしなければならない」と言っていました
年に1本の映画のペースではなくもっと露出してくれることを期待しますね
できれば日常のCMで当たり前のように見ていたいなあ

ハリウッドについても出演オファーが相当あるようですが
アジア俳優の要求されている役が限られた範囲であることから
進出したい野望は持っていないと語っていました

ハリウッドもいつまでも放っとかないと思いますけどね。。。
パーフェクトな恋人    2006.08.02
ASIAN STAR

本当にこんな素敵な人が恋人だったら…なんて思います
「ゴールデンボール」のようにイケメンなのにお茶目な周ちゃんがいたら
即効好きになっちゃいますね

本国の台湾でのアンケート結果のようですが
台湾での露出はあまり高くないにも関わらず以前ダントツの人気
年齢を問わず人気がある証拠なんですね

金城武、「最もパーフェクトな恋人」に選ばれる!
金城武は台湾での露出があまりなくとも、その神秘的な魅力で依然として驚異的な人気がある。台湾女性によるネットサイトのアンケート投票によって、圧倒的な票数で「最も愛する完璧な恋人」のトップに輝いた。
Yamウェブサイトは七夕を迎え、20代、30代、40代、それぞれの女性に対し「理想的な恋人のアンケート」を実施。金城武は、この3つの年齢層すべてで最高の支持を獲得、ワン・リーホン(王力宏)を破って、台湾女性がイメージする最も完璧な恋人像であることが判明した。

現在、香港で映画『傷城』を撮影している金城武は、年に1本の映画作品およびイメージキャラクターを務める以外は活動が控えめ。しかし、彼のハンサムな顔とミステリアスな雰囲気で、一度顔を出せばファンに強烈な印象を残し、さまざまな人気投票で常に上位にランクされている。

理想的な恋人の2位に選ばれたのは、最近、アン・リー(李安)の新作映画『色・戒』の出演が確定した、爽やかで才気あふれるワン・リーホン。
なお、アイドルドラマの出演で人気急上昇のマイク・ハー(賀軍翔)は、20代年齢層の若い女性に「最も不倫したい相手」に選ばれた。
2006.08.01
[ 記事・写真:Epoch-Entertainment]



アジアンスターサイトさん、写真の使いまわしはやめて下さいよ~
7/4の記事の写真と一緒じゃないですか~
武の写真ならいっぱいあるでしょうに…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。