2017.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンナ・マデリーナ    2006.08.19
アンナ・マデリーナ1

一言でいうと~(一言でいうんかい?)
脇役にスポットを当てたストーリーだった。

ありがちなストーリーなら
破天荒で、イケメンで、女ったらしを演じるモッヤン(アーロン)のほうが主役になるのがセオリー

しかし、その女ったらしに振り回されている、真面目で地味で目立たない人生の脇役専門のガーフ(金城武)の恋愛をそっと(そっと…ね)追ってみた、って感じ。

ガーフが金城武って時点ですでに平凡じゃないと思うんだけど…(笑
いかにも普通っぽく演じてます。

現実の世の中は平凡でつまらない男と女がくっつくのが殆どのパターン
ドラマチックな人生なんて、安心して暮らせないと思う。


モッヤン(アーロン)は女にも生活にもだらしないけどなぜか魅力的。
ガーフが一目惚れしたマンイー(ケリーチャン)に告白したいと思った時、すでに遅かった。

モッヤン(アーロン)とマンイー(ケリー)はお互い反発しあいながらも惹かれ合っていた。

脇役って、そういう空気がちゃんと読める人なんだよね。
これが主役だとそうはいかない。そんな心の細かい描写が上手いと思った。
恋愛においても、そして人生においても(オーバーな)控えめなのだ。
結局は見守ってるだけのガーフなんだけど
心の中はドラマチックなんだぞ、っていうのが第2部になる。

つまり第2部はガーフ(金城武)の脳みその中って感じかな。
ガーフのマンイーに対する想いを湾曲化した一つの小説が
映像として出来上がったファンタジックなストーリー。

この二人のスタイルがなんともオシャレでカッコイイ。
一歩間違うと、いや、一般人だと、ただの変人にも見えるだろう服が
さすが金城武とケリーチャンだな~って感じでステキです。

全体を通して流れるBGMの「メヌエット」
「アイ、ラヴュラヴュ、アイラヴュ~♪」と歌う武の歌が心地よく耳に残ります。

アンナ・マデリーナ2


アンナ・マデリーナ / 金城武
ワールドワイドな活躍を見せる金城武とケリー・チャンが共演。恋愛と友情の狭間で揺れ動く3人の切ないラブストーリー。

単調な毎日を送る調律師ガーフ。そんなある日、彼のアパートに自称小説家モッヤンがころがりこんで住むことに。やがてガーフは上の階に越してきたマンイーに一目惚れするが、なかなか告白できない。そのうち積極的なモッヤンが・・・。
1998年作品 
監督:ハイ・チョンマン
撮影:ピーター・パオ
出演:金城武/ケリー・チャン/アーロン・クォック/レスリー・チャン/アニタ・ユン/ジャッキー・チュン/エリック・ツァン

  goo ブロードバンドナビ  

スポンサーサイト


Secret

TrackBack URL
→http://mikachu2.blog39.fc2.com/tb.php/101-7561343f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。