2017.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷城1

トニー・レオン&金城武、 英語作品で共演

以前から、英語のセリフで映画に挑戦したいという願いがあったトニー・レオン(梁朝偉)。
この度ついに夢が叶うことになった!

だがこの作品は、親しいウォン・カーウェイ(王家衛)監督との共作ではなく、今香港で一番人気のアンドリュー・ラウ(劉偉強)監督との仕事になる。
この作品はラウ監督が初めて担当する英語映画になり、共演はなんと金城武という豪華さだ。

『2046』撮影後、トニーは一年以上も休んでいた。彼の作品を期待するファンはウォン監督の新作で名前を探したが、出演者の中にトニーの名前は見当たらなかった。今回ラウ監督作品の出演が決まり、ファンは安心している。

ラウ監督とトニーがコラボレーションした作品『インファンナル・アフェア(無間道)』シリーズは、ここ数年の中華映画の最高作品と言っても過言ではない。三部作のシリーズは、ハリウッドでもリメイクされることが決まっている。ラウ監督はこの作品で一躍有名になり、今回の映画もかなり期待ができそうだ。

この新作で注目される点は2点あり、英語の発音と悪役だと言われている。
『インファナル・アフェア』でのトニーはマフィアの一員だが、潜入警官であった。しかし新作では悪役に徹することが決まっており、いい役が多かったトニーにとっての挑戦の価値があると言えるだろう。

悪役のトニーと対称の、正義の役を演じる金城武。二人の組合せはとても新鮮で、ラウ監督との3人の組み合わせは、最高だと言えるだろう。
ヒロイン選びもかなり慎重に進められているそうだ。

【2006/06/04 聯合?報/記者:唐在揚・台北報導】



悪役のトニーレオンは出演決定のようだけど
正義の役は金城武でほぼ決定…だと思っていいのかな?
ヒロイン役は善役の刑事の妻で(つまり武ちゃんの奥さんか~)
ベッドシーンもあるとか…で、まだ決定していない模様

来年のお正月映画として公開される予定
クランクインは6月中とのこと
お正月に間に合うといいな

あ、でも日本公開はまだまだずっと先だったりして…
スポンサーサイト


Secret

TrackBack URL
→http://mikachu2.blog39.fc2.com/tb.php/74-d2cb754a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。